So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

観光防災 海と共に生きるまち [地域防災]

P1_津波災害警戒区域・津波災害特別警戒区域のイメージ(伊豆市資料より).jpg
上図は、伊豆市「“海と共に生きる”観光防災まちづくり推進計画〈第2版/2017年12月19日策定〉」より。津波災害特別警戒区域および津波災害警戒区域の指定は、津波防災地域づくり法に基づく。市は指定に伴うマイナスイメージを払拭するため、市民から地区の愛称を募集していたが(上図の●●部分)、このほど(3月23日)、特別警戒区域の愛称を「海のまち安全創出エリア」に、また警戒区域の愛称を「海のまち安全避難エリア」とすることを発表した


■《Bosai Plus》 第183号・2018年04月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●“場当たり”編集企画と災害対応には共通点も……

 以前も本欄で書きましたが、編集企画・記事のなかには不思議と“ネタ”入手のタイミングがうまく合って、次から次へと話題が広がることがあります。今回は、巻頭特別企画を「観光防災」としましたが、これもそういうめぐり合わせでした。

 当初は「話題を追って」でジャパン・レジリエンス大賞(3月20日表彰式)の紹介記事を取り上げる予定でした。ところがその最上位の賞であるグランプリを「観光防災まちづくり」の伊豆市土肥地区の自主防災が受賞したことを知ったときにちょうど、以前取材で接触したJTB総合研究所の高松氏から自著「観光危機管理ハンドブック」上梓(3月25日刊)の案内が届き、企画アイデアとしてにわかに“観光防災”が浮上しました。

 いっぽう、仙台市荒浜の深沼海岸でのドローンによる「津波避難広報」実証実験(P.3-4)の話題を記事化中に、静岡県が伊豆市土肥地区を全国で初めて「津波災害特別警戒区域」に指定(3月27日)したというニュースが入ってきて、また、そのネガティブなイメージを払拭するために警戒区域の愛称を公募していた結果も同時に発表。それならと、グランプリと併せて、伊豆市土肥地区をにわかに主題化して特別企画にしました。

 見方を変えれば“場当たり”な記事づくりですが、話題がつながるというおもしろさがあります。前号で避難所運営プログラム「さすけなぶる」を紹介し、そのコンセプトは、“場当たり”がむしろ現実(リアリティ)で、マニュアルどおりには行かない、臨機応変がポイント――「コミュニティづくり」が課題だ、と大きな課題を前にたじろくより、まずは「その場コミュニティづくり」をどうするか、そのノウハウを確立することが重要だと学びました。

 あらゆる災害も様相が異なり、だからこそ被害が大きくなるわけですから、“場当たり”に慣れておくことは心構えとして大切でしょう。編集企画的には、そのうえで、常に、さらに深掘りを心がける姿勢が大切だと思う次第です。

   (M. T. 記)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

日常防災のリアリティチェック [防災啓発]

P2-1a_sasuke-logo.fw_-768x371.png
上画像は、“その場コミュニティづくり”をキーワードとする避難所運営プログラム『さすけなぶる』のロゴ。コミュニティの崩壊が言われるいま、それを逆手に開き直って(?)、その場で「人」が主役の避難所コミュニティづくりにチャレンジ!

■《Bosai Plus》 第182号・2018年03月15日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●本号特別企画 “ひとひねりの”リアリティチェック

 本号の特別企画は「日常防災のリアリティチェック」。ひとひねりしたタイトルですが、直近の企業情報からちょっとひねったユニークな防災アイデアが入ってきたことが直接のきっかけです。同時に「ARISEジャパン・シンポジウム」(P. 3)取材もヒントになりました。
 このシンポジウムでは、企業の危機管理や官民連携、国連防災がらみの国際的な広がりのいっぽうで、あるパネラーからの「ここ(シンポジウム会場)東京・港区虎ノ門の防災はだれが担うのか」という話題提供から一挙に、“ひとひねり”のひねりが深くなりました。

 つまり、虎ノ門にいる人たち(勤め人)は大多数が郊外に住んでいて、いったん日中に大地震が起こって交通網・交通機関が遮断・停止したら、応急的な災害対応や帰宅困難者受け入れは虎ノ門拠点企業が担うことになるのが“リアリティ”。
 そのとき企業は、いわゆるコミュニティとはまったく関係のない人びとを受け入れる仮設避難所となる可能性もある――その話を受けて『さすけなぶる』の“その場避難所、その場コミュニティ”づくりにつながり、本号特別企画の「リアリティチェック」に結実したわけです。

 シンポジウムでは中林一樹先生の「超超高齢者」の話題から元気な高齢者が助ける側に回ることへの期待が語られ、さらに『さすけなぶる』のキャッチフレーズが「あなたの人生がマニュアルになる」で、連想ゲーム的に神奈川県総合防災センターの「シニア向け防災講座」にもつながりました。この講座は「豊かな知識、豊富な経験が災害時にきっと活きる」とうたっています。

●仙台支局発の高橋さん、アマチュア無線資格をお持ちです

 本号の仙台発はアマチュア無線と防災、防災士というまことに興味深い話題。
 ライターの高橋英彦さん、実は第3級アマチュア無線技士で無線開局30年というベテラン。「自宅以外では趣味の登山のときに山頂から無線交信を楽しんでいます」とのこと。
 趣味は、仙台発鉄道シリーズでも博学ぶりを発揮しているように、鉄道から登山、地酒、蕎麦屋めぐり……「豊かな知識、豊富な経験が災害時にきっと活きる」、頼りになる多芸多才な防災士です。

   (M. T. 記)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「防災カフェ」開店! [地域防災]

P1_内閣府(防災担当)「防災カフェを開きませんか?」冊子(当時)より.jpg
上画像:内閣府「“ぼうさいカフェ”を開いてみませんか?」より。コーヒー片手に椅子の背もたれに身をゆだね、ゲスト(講師、話題提供者)のお話を聴いて談笑。そんな「防災カフェ」を、あなたも開いてみませんか? 地域コミュニティや職場、学校、マンションで、仲間やいろんな人と一緒に防災の話題でひとときを過ごす――それだけで十分防災の地域活動になります(顔見知りになるだけでも!)。話題は……お天気、子育てからまちの歴史、土地柄、料理法も!(保存食)、その他もろもろ……防災にからめられたらなんでもOKです。


■《Bosai Plus》 第181号・2018年03月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●コーヒーを片手に防災を“仕掛けて”みませんか?

 「防災カフェ、開店!」が本号特別企画です。
 楽しい防災、敷居の低い防災など、広く一般の人たちの防災への関心を呼び起こす手法が試みられています。市民向けの防災訓練、講演会、シンポジウムもさかんに行われていますが、そういう機会をとらえて参加する人は基本的には防災意識が高い人たちのようです。

 本文でも触れましたが、内閣府の世論調査によると、防災知識の入手先として「防災に関する展示会・講演会・セミナー・シンポジウムなど」を選んだのはわずか4.8%。防災啓発手法としての講演会や展示会は、もともと防災に関心を持つ層を惹きつけたとしても、無関心な層にはあまり効果がないように見えます。

 もちろん、防災に無関心な人が“意識が低い”というのではなく、だれでも災害には“おそれ”があるいっぽうで、正常化の偏見と決めつける以前に日々の仕事や家事や育児、勉強、また趣味活動や他分野の社会貢献などに追われているという事情もあるのでしょう。
 となれば、私たちのように、防災に比較的積極的にかかわる側としては、防災になかなか“かかわれない”人たちに、できるだけ防災を考える時間・機会・きっかけを増やしてあげるという視点が重要になりそうです。

 必ずしも彼ら・彼女らを防災活動に引き込むまでもない、「防災につかず離れず」関心をもってもらい、その人なりの想像力で身を守る方法、家族を守る方法、さらにまちを守るアイデアに思いを巡らせてくれれば、それはそれで大きな前進だと思います。

 その点、防災カフェは、話題の選択は豊富です。なにせ防災は生活のインフラですから、どんな話題からでも防災につなげられます。「つかず離れず」防災の話題を共有する機会を提供できるのが防災カフェという“仕掛け”の優れたところではないでしょうか――と、コーヒーを片手に考えた次第です。

●3月1日、東京都の女性視点の防災ブック『東京くらし防災』、リリース!

 2015年9月1日に都内の全世帯に戸別配布されて話題を呼んだ『東京防災』の女性版、女性視点の防災ブック『東京くらし防災』が今日、3月1日にお目見えします。
 今回は戸別配布はなく、都の関連施設や美容院やショッピングモールなど女性が行きやすい場所に専用ラックで置かれるとのこと。小池都知事の女性視点での肝いりの防災ブックですが、本当は男性にも等しく読んでもらわないと、ね。

 『東京防災』はブックケース入りでしたが、今回もそうでしょうか。この種の本はブックケースには入れないで(持っていれば安心というモノでもない)、手あかがつくほど回し読みしてほしいものですが……

   (M. T. 記)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

齋藤徳美氏(岩手山協議会)「噴火対策の落し穴」 [火山災害]

P1-2_岩手山山頂部とカルデラ-Photo-courtesy-Wikimedia.jpg
上写真:岩手山山頂部とカルデラ(Photo courtesy Wikimedia)。齋藤徳美・岩手大学名誉教授は岩手山火山防災協議会・避難計画作業部会長で、岩手県の火山活動に関する検討会座長を務める。岩手山火山防災協議会は、2014年御嶽山噴火を受けた改正活火山法に基づいて2016年3月に発足。岩手山の火山ハザードマップや火山防災ガイドラインはすでに策定されており、同協議会の避難計画作業部会は今年度中に避難計画を策定する予定。現在、岩手山の噴火警戒レベルはもっとも低い「1」となっている。

■《Bosai Plus》 第180号・2018年02月15日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

【 本号特別企画(PDF 1.00MB)を特別公開いたします。下記タイトルをクリックして掲載URLアドレス(Microsoft OneDrive)からダウンロードしてご覧ください 】
齋藤徳美:草津白根山の噴火で露呈した噴火対策の落し穴

●突発的噴火の避難計画をどうする 「座長」の懊悩(おうのう)

 本号は、草津白根山の噴火を受けて齋藤徳美・岩手大学名誉教授からご寄稿をいただき、前号に続いて火山防災が巻頭記事です。
 齋藤先生は岩手山火山防災協議会・避難計画作業部会長で、また岩手県の火山活動に関する検討会座長を務められています。報道によると同避難計画作業部会は去る1月22日、岩手山噴火に備えた避難計画の骨子をまとめ(奇しくもその翌日、草津白根山の噴火が発生)、避難計画は今年度中に策定されるとのことです。

 ご寄稿から、御嶽山、草津白根山などの“突発的噴火”によって、いま火山防災でもっとも注目される「避難計画」の策定という、実にホットで悩ましい課題に取り組んでおられる先生の心中が察しられます。ぜひその“懊悩”(先生によるタイトル付け)を読み取っていただければと思います。

 以前この欄でご紹介させていただきましたが、齋藤先生は本年度防災功労者 内閣総理大臣表彰を受けられています。これまで先生から何度もご寄稿をいただいている小紙としてもまことに誇らしいことです。
 なお、齋藤先生による本紙への直近の寄稿記事は下記に掲載されています――
>>《Bosai Plus》:2017年7月1日号(No.165)「防災+防災士で災禍を防ぐ」

 また、先生によるほかの寄稿記事等へのリンクは下記記事の文末にあります。ご参考まで。
>>《Bosai Plus》:2017年4月1日号(No.159)「岩手県第三期事業計画」

●台湾の緊急地震速報と地震予測

 台湾で2月6日深夜に起きた活断層地震(M6.4)は、直上の花蓮で震度7とされる揺れとなり大きな被害をもたらしましたが、余談として、Record China(中国関連のニュースを日本語で日本国内向けに発信するメディア)によると、「緊急地震速報が間に合った」という多くの市民ユーザーの声を伝え、その技術が「日本に追いついた」と感動していると伝えています。
>>Record China:台湾地震、発生より早く緊急速報=「日本に追いついた」の声

 台湾の緊急地震速報について本紙は知識がありませんが、震源の深さ10km程度の直下地震と聞いていますので、緊急地震速報が間に合ったというのは興味深いですね。地震の固有のメカニズムによるものだったのでしょうか……

 Record Chinaはまた、台湾気象局地震測報センターの地震予測が外れたと伝えています。2月4日ごろから花蓮周辺で地震が頻発、これについて気象局は「地震は地殻エネルギーの放出によるもので、大地震が発生するほどのことはない」との予測を発表していたのだそう。
>>Record china:台湾東部で震度7の地震、気象局の予測が外れていたことが判明

 この判断は、残念ですが、日本に追いついてはいなかったようです(日本ではもう、地震予測について安全情報は出し得ませんから)。

●長くなりますが、もうひとつ――防災訓練のバケツリレーに課題浮上か

 本紙「ClipBoard」の【報道クリップ】で取り上げていますが、アパートの一室の火災を消化しようと住人たちがバケツリレーしていて、火元に水をかけていた先頭の男性が倒れ、搬送先の病院で亡くなったそうです。
>>サンスポ:愛知・豊橋アパートで火災 男性1人が死亡、バケツリレー中にCO中毒か

 「CO中毒か」とありますが、もしそうだとしたら……いえ、そうでなくても、建物内の初期消火に深刻な課題が浮上したと言えます。
 地域の防災訓練でのバケツリレーで重要な注意事項として特記しなければ……

   (M. T. 記)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

噴火の「想定外」再考 [火山災害]

180210_5_1_208.jpg
上画像:国土地理院による噴火後の草津白根山周辺の観測(1月27日/測量用航空機くにかぜⅢに搭載したSAR画像)。上左:北東側からの観測画像(速報)、右:左の図に簡易に地図情報を重ねたもの。本白根山の鏡池北火砕丘の火口北側に、東西に延びる長さ90m程度のくぼ地と直径20m程度の複数のくぼ地が列状にある。これらの西端からさらに200m程度西側にくぼ地。噴火前に作成された地形図ではこれらと対応する地形は確認できない

■《Bosai Plus》 第179号・2018年02月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●想定外の闇の深さを照らし出した本白根山噴火

 本号は、2014年9月の御嶽山噴火に続いて不意を突いて噴火して人的被害を出した1月23日の草津白根山(本白根山)の噴火を取り上げ、再び「想定外」を考えてみました。

 気象庁はじめ火山専門家のだれもがノーマークだったと認める予兆のない3000年ぶりの噴火ということで、火山防災のむずかしさ、あるいは自然災害の想定外の闇の深さを照らし出すような災害になりました。
 寺田寅彦の箴言、(自然災害を科学的に)「ただしく恐れることはむずかしい」ということなのでしょうか。

 本白根山噴火発生直後、自衛隊員がなだれに巻き込まれたという情報がメディアに流れました。結果的になだれは発生しなかったようですが、起こり得ること……そしてたまたまその翌日、十和田火山のハザードマップが公表されました。
 そのハザードマップには融雪泥流のシミュレーションも取り上げられていることから、積雪(残雪も含む)時の噴火での多様な事象の発生に思いが至り、最近号の「雪氷津波」に続いて「想定外再考」との本号特別企画になりました。

●火山の時間と人間の時間の、仕組まれた交錯の瞬間を解くには

 火山の噴火は、突然であればあるほど人間にとっては天変地異に映りますが、大自然・大地にすれば呼吸のようなものかもしれません。特別企画のタイトルを「大地の寝返り、火山が目覚める瞬間(とき)」と文学調にしたのも、火山噴火のそうした印象からです。
 ひとつ言えることは、大自然にしてみれば、人間に微塵(みじん)の関心もない、寝返りをうっただけだということでしょうか。私たちの大自然への思い入れはかくも深いのに……

 私たちは火山が富士山のように平穏なとき、あるいはハワイのキラウェア火山のように頻繁に“安全に”溶岩を流出させるとき、その息を呑むような景観やダイナミズムに心打たれます(ちなみに「キラウエア」はハワイ語で「吹き出す」または 「多くまき散らす」の意味だそうです)。
 そして言うまでもなくわが国では、火山は心を癒す温泉リゾートの“源泉”です。

 しかしいったん火山が眠りから覚め、伸びをするように寝返りをうつとき、私たち人間は、その圧倒的な気まぐれにたちまち押しつぶされます。しかも、その寝返りは何千年・何万年という地球時間のなかで一瞬のことであり、その一瞬が、人間の数秒・数分、数時間、数日、数カ月、数年の時間と交錯して大災害になる……

 千年目の災害がこのようにして“仕組まれる”のであれば、防災はどうあるべきか、手さぐりながらも、仕組みを解くヒントが潜んでいるようにも思えます。

●「高校生防災士」記事(本紙 P.4)に編集部注を追加

 本紙 P.4の「高校生防災士」記事内、下記「編集部注」が制作段階で脱落しました。お詫びとともにここで脱落分を追加させていただきます。

〈編集部 注〉
 防災を広く専門的に学べる高校としては、兵庫県立舞子高校「環境防災科」、宮城県多賀城高校「災害科学科」、愛知県立海翔高等学校「環境防災コース」などがある

   (M. T. 記)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -