So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

齋藤徳美氏(岩手山協議会)「噴火対策の落し穴」 [火山災害]

P1-2_岩手山山頂部とカルデラ-Photo-courtesy-Wikimedia.jpg
上写真:岩手山山頂部とカルデラ(Photo courtesy Wikimedia)。齋藤徳美・岩手大学名誉教授は岩手山火山防災協議会・避難計画作業部会長で、岩手県の火山活動に関する検討会座長を務める。岩手山火山防災協議会は、2014年御嶽山噴火を受けた改正活火山法に基づいて2016年3月に発足。岩手山の火山ハザードマップや火山防災ガイドラインはすでに策定されており、同協議会の避難計画作業部会は今年度中に避難計画を策定する予定。現在、岩手山の噴火警戒レベルはもっとも低い「1」となっている。

■《Bosai Plus》 第180号・2018年02月15日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

【 本号特別企画(PDF 1.00MB)を特別公開いたします。下記タイトルをクリックして掲載URLアドレス(Microsoft OneDrive)からダウンロードしてご覧ください 】
齋藤徳美:草津白根山の噴火で露呈した噴火対策の落し穴

●突発的噴火の避難計画をどうする 「座長」の懊悩(おうのう)

 本号は、草津白根山の噴火を受けて齋藤徳美・岩手大学名誉教授からご寄稿をいただき、前号に続いて火山防災が巻頭記事です。
 齋藤先生は岩手山火山防災協議会・避難計画作業部会長で、また岩手県の火山活動に関する検討会座長を務められています。報道によると同避難計画作業部会は去る1月22日、岩手山噴火に備えた避難計画の骨子をまとめ(奇しくもその翌日、草津白根山の噴火が発生)、避難計画は今年度中に策定されるとのことです。

 ご寄稿から、御嶽山、草津白根山などの“突発的噴火”によって、いま火山防災でもっとも注目される「避難計画」の策定という、実にホットで悩ましい課題に取り組んでおられる先生の心中が察しられます。ぜひその“懊悩”(先生によるタイトル付け)を読み取っていただければと思います。

 以前この欄でご紹介させていただきましたが、齋藤先生は本年度防災功労者 内閣総理大臣表彰を受けられています。これまで先生から何度もご寄稿をいただいている小紙としてもまことに誇らしいことです。
 なお、齋藤先生による本紙への直近の寄稿記事は下記に掲載されています――
>>《Bosai Plus》:2017年7月1日号(No.165)「防災+防災士で災禍を防ぐ」

 また、先生によるほかの寄稿記事等へのリンクは下記記事の文末にあります。ご参考まで。
>>《Bosai Plus》:2017年4月1日号(No.159)「岩手県第三期事業計画」

●台湾の緊急地震速報と地震予測

 台湾で2月6日深夜に起きた活断層地震(M6.4)は、直上の花蓮で震度7とされる揺れとなり大きな被害をもたらしましたが、余談として、Record China(中国関連のニュースを日本語で日本国内向けに発信するメディア)によると、「緊急地震速報が間に合った」という多くの市民ユーザーの声を伝え、その技術が「日本に追いついた」と感動していると伝えています。
>>Record China:台湾地震、発生より早く緊急速報=「日本に追いついた」の声

 台湾の緊急地震速報について本紙は知識がありませんが、震源の深さ10km程度の直下地震と聞いていますので、緊急地震速報が間に合ったというのは興味深いですね。地震の固有のメカニズムによるものだったのでしょうか……

 Record Chinaはまた、台湾気象局地震測報センターの地震予測が外れたと伝えています。2月4日ごろから花蓮周辺で地震が頻発、これについて気象局は「地震は地殻エネルギーの放出によるもので、大地震が発生するほどのことはない」との予測を発表していたのだそう。
>>Record china:台湾東部で震度7の地震、気象局の予測が外れていたことが判明

 この判断は、残念ですが、日本に追いついてはいなかったようです(日本ではもう、地震予測について安全情報は出し得ませんから)。

●長くなりますが、もうひとつ――防災訓練のバケツリレーに課題浮上か

 本紙「ClipBoard」の【報道クリップ】で取り上げていますが、アパートの一室の火災を消化しようと住人たちがバケツリレーしていて、火元に水をかけていた先頭の男性が倒れ、搬送先の病院で亡くなったそうです。
>>サンスポ:愛知・豊橋アパートで火災 男性1人が死亡、バケツリレー中にCO中毒か

 「CO中毒か」とありますが、もしそうだとしたら……いえ、そうでなくても、建物内の初期消火に深刻な課題が浮上したと言えます。
 地域の防災訓練でのバケツリレーで重要な注意事項として特記しなければ……

   (M. T. 記)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

噴火の「想定外」再考 [火山災害]

180210_5_1_208.jpg
上画像:国土地理院による噴火後の草津白根山周辺の観測(1月27日/測量用航空機くにかぜⅢに搭載したSAR画像)。上左:北東側からの観測画像(速報)、右:左の図に簡易に地図情報を重ねたもの。本白根山の鏡池北火砕丘の火口北側に、東西に延びる長さ90m程度のくぼ地と直径20m程度の複数のくぼ地が列状にある。これらの西端からさらに200m程度西側にくぼ地。噴火前に作成された地形図ではこれらと対応する地形は確認できない

■《Bosai Plus》 第179号・2018年02月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●想定外の闇の深さを照らし出した本白根山噴火

 本号は、2014年9月の御嶽山噴火に続いて不意を突いて噴火して人的被害を出した1月23日の草津白根山(本白根山)の噴火を取り上げ、再び「想定外」を考えてみました。

 気象庁はじめ火山専門家のだれもがノーマークだったと認める予兆のない3000年ぶりの噴火ということで、火山防災のむずかしさ、あるいは自然災害の想定外の闇の深さを照らし出すような災害になりました。
 寺田寅彦の箴言、(自然災害を科学的に)「ただしく恐れることはむずかしい」ということなのでしょうか。

 本白根山噴火発生直後、自衛隊員がなだれに巻き込まれたという情報がメディアに流れました。結果的になだれは発生しなかったようですが、起こり得ること……そしてたまたまその翌日、十和田火山のハザードマップが公表されました。
 そのハザードマップには融雪泥流のシミュレーションも取り上げられていることから、積雪(残雪も含む)時の噴火での多様な事象の発生に思いが至り、最近号の「雪氷津波」に続いて「想定外再考」との本号特別企画になりました。

●火山の時間と人間の時間の、仕組まれた交錯の瞬間を解くには

 火山の噴火は、突然であればあるほど人間にとっては天変地異に映りますが、大自然・大地にすれば呼吸のようなものかもしれません。特別企画のタイトルを「大地の寝返り、火山が目覚める瞬間(とき)」と文学調にしたのも、火山噴火のそうした印象からです。
 ひとつ言えることは、大自然にしてみれば、人間に微塵(みじん)の関心もない、寝返りをうっただけだということでしょうか。私たちの大自然への思い入れはかくも深いのに……

 私たちは火山が富士山のように平穏なとき、あるいはハワイのキラウェア火山のように頻繁に“安全に”溶岩を流出させるとき、その息を呑むような景観やダイナミズムに心打たれます(ちなみに「キラウエア」はハワイ語で「吹き出す」または 「多くまき散らす」の意味だそうです)。
 そして言うまでもなくわが国では、火山は心を癒す温泉リゾートの“源泉”です。

 しかしいったん火山が眠りから覚め、伸びをするように寝返りをうつとき、私たち人間は、その圧倒的な気まぐれにたちまち押しつぶされます。しかも、その寝返りは何千年・何万年という地球時間のなかで一瞬のことであり、その一瞬が、人間の数秒・数分、数時間、数日、数カ月、数年の時間と交錯して大災害になる……

 千年目の災害がこのようにして“仕組まれる”のであれば、防災はどうあるべきか、手さぐりながらも、仕組みを解くヒントが潜んでいるようにも思えます。

●「高校生防災士」記事(本紙 P.4)に編集部注を追加

 本紙 P.4の「高校生防災士」記事内、下記「編集部注」が制作段階で脱落しました。お詫びとともにここで脱落分を追加させていただきます。

〈編集部 注〉
 防災を広く専門的に学べる高校としては、兵庫県立舞子高校「環境防災科」、宮城県多賀城高校「災害科学科」、愛知県立海翔高等学校「環境防災コース」などがある

   (M. T. 記)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「防災不可能性都市」 [未来の防災]

P1_左:生活総研の「未来年表」、右:野村総研の「NRI未来年表」より.jpg
上左:生活総研の「未来年表」、右:野村総研の「NRI未来年表」より(一部)。最近、“未来年表”の話題が多い。この背景には、AI(人工知能)による急激な技術の進展で大きな社会的変化が予想されていることがある。20年、30年という時間は決して“遠い未来”ではなく、そのまま100年後にも連なる。地球時間のなかで大規模災害もカウントダウンを続ける。現世代の責任で後続の世代へ、より安心・安全な社会を継がせるためにも、近未来の検証が迫られる


■《Bosai Plus》 第178号・2018年01月15日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●「消滅可能性都市」と「防災不可能性都市」――未来の防災を巡って

 現政権が策定したいろいろな国家プロジェクトが進行中です。防災にからむ中・長期対策も進められています。今回取り上げた「未来年表」がらみでも、国の政策の目標年次が反映された防災関連事項が多く見られます。
 例えば2025年を見ると、「政府の『イノベーション25戦略』により、土砂や洪水の災害を予測する技術が実用化。被害が劇的に少なくなる」、「政府の『イノベーション25戦略』により、地震発生後15秒で緊急対応。犠牲者の数が激減する」という具合に。

 「イノベーション25」とは、2007年6月に当時の安倍政権(第1次)が閣議決定した「2025年までを視野に入れた成長に貢献するイノベーションの創造のための長期的戦略指針」のことで、このなかに上記の例を含む「20のイノベーションの事例」があげられています。
>>内閣府:イラストで見る20のイノベーション代表例

 「イノベーション25」については当時、「“あったらいいな”という未来の夢といった印象は否めない」という辛口の批判がありました。とくに日本の場合、政権が掲げる目標・プロジェクトは美辞麗句で飾られがちだと。

 本紙も以前、東日本大震災後の2012年7月に中央防災会議「防災対策推進検討会議」(座長:藤村 修・官房長官=当時)が公表した最終報告「ゆるぎない日本の再構築を目指して」の標題“ゆるぎない日本”に違和感を持ちました。災害が多く、ゆらぐ日本だからこそ、地に足のついた危機感を維持できるのではないか、と。ゆるぎない日本の“再構築”では、安全神話の再構築にならないのか、と。
 また、当時の東京都の防災ページに「日夜、都民を守ります」とあったキャッチフレーズにも疑問を持ちました――東日本大震災から学ぶべき重要な教訓として、行政は、国民・都民は自助・共助で自衛してほしい、防災を公助に頼るなと訴えることがあるのではないか、と思ったからです。

 いずれにしても、本号では未来年表からの連想で「消滅可能性都市」⇒「防災不可能性都市」(本紙の造語です)に思いを巡らしました。不都合な真実はあるとして、悲観論に陥ることなく、逆に楽観的なレトリックで飾り立てることもなく、率直な“熟議”で真実に立ち向かうところに打開策が生まれるように思います。

   (M. T. 記)

nice!(0)  コメント(0) 

厳冬期の「雪氷大津波」 [厳冬期の地震・津波]

P1_千島海溝沿いの評価対象領域(地震本部資料より).jpg
昨年末公表の「千島海溝沿いの地震活動の長期評価」改訂(第三版)によれば、北海道東部沖の「千島海溝」で、大津波を伴うマグニチュード(M)8.8程度以上の“超巨大地震”が「切迫している可能性が高い」という。厳冬期を迎えた12月公表というタイミングに他意はないだろうが、実は、北海道周辺で過去200年間に発生したM6以上の地震41回のうち16回が冬期(12月~3月)に発生、そのうち6回は津波を伴う地震だった。“雪氷津波”に想定外は許されない


■《Bosai Plus》 第177号・2018年01月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます。
 旧年中は小紙をご愛読たまわり、まことにありがとうございました。
 本年も防災メディアとして、微力ながら、“防災志”を旗印に「災害犠牲者ゼロ」に向けて、読者のご支援とともに歩みたい所存です。
 よろしくお願い申し上げます。

●厳冬期の千島海溝“超巨大地震”と大津波

 地震調査研究推進本部の地震調査委員会が公表した「千島海溝沿いの地震活動の長期評価」で、“超巨大地震”発生の発生が「切迫している可能性が高い」と評価し、大きな話題を集めています。
 いっぽう内閣府に設けられた「日本海溝・千島海溝沿いの巨大地震モデル検討会」は2017年度内(本年3月末まで)に千島海溝と日本海溝で起きる巨大地震について想定される最大クラスの巨大地震や津波の見直しと新たな被害想定を公表する予定とのこと。
 本号はこうした“評価・想定”にちなんで、起こり得る厳冬期の「雪氷津波」のリアルに想像を巡らしました。

●旧耐震から新・新耐震基準まで、“最低基準”の進展

 わが国の災害対策は基本的には災害の後追いで対策が講じられてきました。そもそも災害対策基本法の成立は1959年伊勢湾台風が契機でした(2013年運用開始の気象庁特別警報は台風について伊勢湾台風クラスを想定していますが、“最悪想定”ならば、経験を超える規模を想定すべきでは?)。

 建築基準法の地震力についての耐震基準制定も、遡れば1923年関東大震災(大正関東地震)に発し、現代に至るその改定の変遷も、1978年宮城県沖地震を受けて1981年に新耐震基準ができ、1995年兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)を受けて2000年の改定で“新・新耐震基準”とも呼ばれる基準強化が行われてきました。
 耐震基準については“最低基準”であることに議論もありますが、行政としては、まずは「既存不適格」建物の一掃が先ということでしょうか。

●災害・防災研究の最先端とは その象徴としての地震保険料率?

 いっぽう地震保険制度は1964年新潟地震を受けて1965年に創設されましたが、阪神・淡路大震災や2011年東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)を受けて基準料率の改定が再三行われ、昨年(2017年)1月にも改定されています。
 今日の地震保険料の基準料率の算出法は、地震調査研究推進本部が2005年から公表を開始した「確率論的地震動予測地図」に基づく手法を2006年から導入しています。ところで、それ以前はどうしていたかご存知でしょうか。

 実は制度創設以来約40年間は、国立天文台編纂「理科年表」の地震資料(過去500年間の375件の被害地震)から損壊率や焼失率を推測・数値化したものでした。つまり、古文書も含めて記録のある過去の被害地震、それもわずか375地震に基づく料率という、素人目から見ても“錬金術的”なものだったようです。
 これに対して「確率論的地震動予測地図」に基づく料率は「今後、被害をもたらす可能性のある地震」を対象に、その震源数約73万という膨大な震源モデルを基礎データとしています。

 もっとも、「確率論的地震動予測地図」そのものの精度・確度についても議論もあると聞きますが、少なくとも国による最先端の地震研究資料が基礎データであれば、保険料を支払う国民の理解も得られやすいということでしょうか。

   (M. T. 記)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

「災害史探訪」を再訪する [災害教訓]

P1_災害史探訪・三部作.jpg
上写真:元NHK解説委員で中央防災会議専門調査会座長・委員などを歴任、市民の防災啓発や防災士育成・指導で知られる伊藤和明氏による最新三部作。三部作はそれぞれ新書版で「内陸直下地震編」(定価900円+税)、「海域の地震・津波編」(1100円+税)、「火山編」(1100円+税)の構成。伊藤氏がとくに自然災害の温故知新として論考を深めてきたわが国の地震・津波、火山噴火の災害史をわかりやすくコンパクトに解説・評価、今後想定される災害への警告とともに、21世紀の防災への新たな視点、読み解くべき教訓が示されている


■《Bosai Plus》 第176号・2017年12月15日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●祝!「災害史探訪 三部作」 そして“災害史探訪”の意義を考えてみた……

 本号特別企画は、みなさまおなじみの伊藤和明先生・著「災害史探訪 三部作」上梓にちなみ、7年半という異例の長期にわたって先生が座長を務め、25の災害報告書の成果に結実した中央防災会議「災害教訓の継承専門調査会」を“再訪”しました。

 今年2017年は実は、関東大震災の流言による「朝鮮人虐殺」で“摩訶不思議”な話題が2つ重なり、「災害教訓の継承」の関東大震災報告書に別な方向からスポットライトが当てられるということがありました。
 ひとつは朝日新聞4月19日付けの「『朝鮮人虐殺』含む災害教訓報告書、内閣府ホームページから削除」という記事で、もうひとつは関東大震災から94年の今年9月1日の、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典に小池百合子都知事が慣例だった追悼文送付をとりやめたという件です。

 ここではその詳細に立ち入りませんが、前者(朝日新聞記事)の経緯については本紙5月1日号(No. 161)特別企画「いまだから『流言』への備え」で触れています。北朝鮮の動向をめぐって朝鮮半島の緊張が高まり、“戦前”的な不穏な高揚感と空気感が漂うなかで(また“忖度問題”のさなかともあって)、魑魅魍魎の気配も感じられた一件でした。
 小紙は朝日新聞に真偽のほどを問い合わせたのですが「誤報ではない」と断言され、結局、真相ははわからずじまい……

 伊藤先生の三部作のひとつ「災害史探訪~海域の地震・津波編」に関東大震災の項があり、先生は「流言とそれが原因となった大虐殺は、日本の国辱といってもいい事件だった」としています。

 私はこの“大虐殺”について実は、余計な心配をしています。虐殺に主にかかわったのは当時の自警団だったわけですが、彼らはいまで言う自治会や自主防災のような市民たちではなかったのか、と。私たちは大丈夫だろうか、と。
 “災害史探訪”の意義はまさに、こういう問いを生むところにもあるのではないでしょうか。

●年末のご挨拶 よいお年を! 新春第1号は 1月4日配信です

 本年も押し詰まりました。本号が本年最後の配信となります。
 新しい年の第1号(1月1日号/No. 177)は、1月4日の配信となりますので、ご了承ください。
 本年の本紙へのご支援、ご鞭撻、ありがとうございました。
 みなさまの新しい年のご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

   (M. T. 記)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の5件 | -