So-net無料ブログ作成
-| 2017年03月 |2017年04月 ブログトップ

無関心層を振り向かせる「防災文化」試論 [防災啓発]

「週刊ビッグコミックスピリッツ」(3月13日発売号)付録『防災ミニブック(2種)』より.jpg
上画像:小学館発行の漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」3月13日発売号が、東日本大震災から6年を機に、災害時の身の守り方や被災時に役立つ情報をまとめた「防災ミニブック」2冊を付録にしている。「1冊はあなたへ」、もう1冊は「大切な人に渡して」と、“リア充”(リアル=現実生活が充実していることを意味するネット造語)志向だ。イラスト:吉田戦車



■《Bosai Plus》 第158号・2017年03月15日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●『君と僕の防災』はまさに「リア充」

 本号の特別企画タイトルに「リア充」という言葉を使いましたが、これが死語になっていないことを祈ります。
 防災に無関心な層――若年層に限らないと思いますが、そういう人に無理やり関心を持たせようというのはなかなかむずかしい……いえ、ある意味では寺田寅彦が言うように、災害の記憶が風化するのは「人間的自然現象」で、無関心な人のほうが“自然”なのかもしれません。
 とは言え、近年は、災害は忘れずにやって来るという地変の時代の様相が色濃いわけで、やはり国民運動として広く自助・共助を進めなければなりません。

 本企画の狙いは、簡単に言えば、あまり楽しいとは言えない防災(だから“楽しい防災”と銘打った防災イベントが盛んに催されるわけです)なら、素直に“それほど楽しいものではない”と認めて、その代わりにアプローチ法を裏返して、生活を豊かにする(=リア充)努力の過程で、いつの間にか災害への備えも充実させるという手はないか、というものです。
 タイミングよく、漫画誌・週刊ビッグコミックスピリッツが『君と僕の防災』というニクい防災特集号を打ってくれました。「リア充」感をうまく表現してくれたと思います。

●「寝ていても安心な町」

 東日本大震災で大きな津波被害を受けた宮城県南三陸町では、住宅の高台移転を中心とした復興計画で「寝ていても安心な町」を標語にしているとか。これも「リア充」の復興計画と言えるかもしれません。

●無常観 VS. 有常観(リア充)

 日本人には古来、無常観が染みついていて、災害は天災としてあきらめる、忘れる、とはよく言います。だから防災が根づかないのだと。
 その意味では「リア充」は“有常観”だと言えます。有常なんて言葉はないようですが、「リア充」は“常に有る”というポジティブ志向のイメージです。
 防災が根づく可能性が……ありそうではありませんか?

   (M. T. 記)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

もうひとつの“人的被害”「震災障害者」 [被災者支援]

P2-1_震災障害者支援サイト「NPOよろず相談室」HPより.jpg
上図:支援を求める「震災障害者」について取り上げた2013年2月の毎日新聞記事。震災障害者支援サイト「NPOよろず相談室」HPより

■《Bosai Plus》 第157号・2017年03月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●被災者支援の死角「震災障害者」

 本号では、“被災者支援の死角”として「震災障害者」の問題を取り上げました。
 災害時に自治体が発表する「死者、行方不明者、重傷者、軽傷者」の認定基準は、国の災害被害認定統一基準に定義されています。このうち「重傷者・軽傷者」の認定は、住民が提出する診断書をもとに行われ、住民にとっては義援金の配分を受けるための“証明”ともなります。

 基準によれば、「重傷者」は1カ月以上の治療を要する見込みの者、「軽傷者」は1カ月未満で治療できる見込みの者となります。ところが、被災者支援という観点から、災害によって障害や後遺症が残った「重傷者」はこれまで“忘れられた存在”、支援対策の“死角”になっていると言われます。
 これを「震災障害者」として認知すべきという指摘が顕在化してきた――その背景を探りました。

●地震! 国会議員のみなさんの危機管理は?

 校了日の昨日(2月28日)午後4時49分ごろ、福島県沖を震源とする地震(推定規模M5.6)があり、宮城県岩沼市や福島県相馬市などで震度5弱の揺れが観測されました。幸い津波は伴わず、大きな被害もなかったようですが、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の余震と見られるとのこと。東北地方のみなさま、お見舞い申し上げますとともに、今後とも十分お気をつけください。

 ところで気象庁の各地の震度情報によれば東京は震度2~1程度だったようです。小紙は校了に向けて“シャカリキ“”(語源はそれぞれお調べください)になっているなか、当方のパソコンの緊急地震速報の警報音が鳴り出し、間をおかず揺れ出しました。
 ちょうどNHKテレビの国会中継(参議院予算委員会)を流していて、中継カメラが少し揺れているのがわかりました。でも、予算委員会に居並ぶ国会議員のみなさんは冷静を装い(?)、審議・答弁は続いています……

 大地震にならなかったからいいものの、東日本大震災時の国会中継動画の議場の大揺れの様子(その録画はいまもネット上で見られます)を思い出し、審議中の危機管理はこれでいいのか、と疑問を持ちました。
 国会議員は全員、危機管理のプロであってほしいもの。地震の揺れを感じたら、議長あたりがいったん審議をストップすべきではないでしょうか。
 今回はとくに緊急地震速報が発表されていますし、直後、震度5弱だったとの速報が伝わっていますから、被害が発生した可能性もあります。

 国会審議も大事ですが、揺れを感じたら、議員さんたちもいったんは自らの身の安全を確保することとし、5分間ほどでも様子見して、震源地域の(国民の)安否などの情報収集を秘書さんに指示するなどの時間をとるべきではないでしょうか(各自の選挙区も心配でしょうから)……大ごとにならなければ、それはそれでよかったということで。

 前号のこの欄で、あの辻元清美さんが防災士の認定資格を取得、防災士研修の内容の充実ぶりをほめていることを紹介しましたが、「ソーリ! ソーリ! 地震ですよ、身を守って!」という議員がどんどん出てきてほしいものです。

   (M. T. 記)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

-|2017年03月 |2017年04月 ブログトップ