So-net無料ブログ作成
検索選択

熊本地震から1年 震度7超の激震? [地震]

P1_熊本地震-活断層直上の激震被害.jpg
上写真:熊本地震-活断層直上の激震被害(Photo by M. T., Bosai Plus/2016.05.12.)

■《Bosai Plus》 第160号・2017年04月15日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

 本号巻頭企画「熊本地震から1年」は新耐震基準と揺れの増幅の視点から話題を提供。NHKスペシャルが取り上げた「表層地盤」の問題もフォローしました。また、各種団体の防災啓発活動から「木耐協」地域防災プロジェクトと「日本気象協会」のお得感のある防災キャンペーンも。仙台支局発「鉄道復興シリーズ・8」は、避難指示解除に合わせて開通したJR常磐線・小高~浪江間をめぐる話題です……

●熊本地震 「震度7」は実は「震度8」いや「震度9」ではなかったのか……
 「新・新耐震」と「表層地盤リスク」

 本号の巻頭写真は昨年5月の小紙現地取材で撮影したなかからの1カットです。まことに衝撃的な写真ですが、あえて使わせていただきました。被災者の方には改めて心からお見舞いを申し上げます。

 その写真キャプション(説明文)で米国の震度階級に触れ、12段階の最大の震度が「Cataclysmic(地殻の激変・変動)」と表現されていると書きました。
 ただ、こういう指標に「最大」という"上限"がつけられるものなのだろうか……という素朴な疑問があります。

 以前、小紙でも触れましたが、竜巻では「藤田(F)スケール」があります。日本人気象学者・藤田哲也(1920-1998年)博士が米国に定着させた竜巻の規模の指標で、風速と被害状況によるF0~F5の6段階です(現在は「改良藤田スケール」Enhanced Fujita Scale、通称EFスケールとなっていて、日本でも採用)。
 藤田博士のそうした業績はもちろんすばらしいものですが、ここでとくに"さすが"とご紹介したいのは、想定不能の「F6」も設定し、"想定外"をも取り込もうとしたところにあると思います。
 それはまさに、災害の本質を見抜いた科学者の想像力として、高く評価されるのではないでしょうか。米国の、そのような発想での地震の揺れへの想像力が、「Cataclysmic(地殻の激変・変動)」になったのではないかと思うのです。

 いっぽう、日本の「震度7」はどんな揺れが、そしてどこまでが「震度7」なのかよくわかりません。「震度7」以上はどんな揺れでも「7」なのか……今回、NHKスペシャルに触発されて取り上げた「表層地盤」で増幅する揺れについて、防災科学技術研究所の研究者のみなさんは、震度7以上(震度7の2倍クラスの揺れ?)を想定しているのではないでしょうか。

 そうであれば、"想定震度8"とか"想定震度10"とか、震度7の限界を押し広げる揺れの新しい指標・表現も必要になるのでは……

 地震でマグニチュード(M)10は起こり得るかどうかというマジメな議論もあります。M10は東日本大震災のM9の30倍規模で、専門家は起こり得る、としています。自然災害ではそれこそ、地球壊滅的な最大規模までも想定しておかないと、次から次へと起こる想定外に対応できないのではないでしょうか。

●忙中閑話(でもなく、マジメな話……)
 想定外への想像力のウォーミングアップ――
>>朝日新聞:小惑星衝突危機、そのとき人類は 100m級でも大被害
(2017.04.02.)
 《新たな小惑星が見つかった。国際天文学連合は「2017PDC」と命名し、軌道計算から、地球に衝突する可能性がある「潜在的に危険」と分類された。NASA(米航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機関)は、10年後に衝突の可能性があると推定。直径は100~250mとみられる……

 *専門家が小惑星や彗星による地球衝突の脅威に関して議論する2年に1度開催の国際会議「2017 5th IAA プラネタリー・ディフェンス・コンフェレンス(Planetary Defense Conference)」が、5月15日~19日、日本科学未来館で開催されます。

>>MITテクノロジーレビュー:ダラス市民、ハッキングによる防災サイレンの爆音で眠れず
(2017.04.11.)
 ダラス市の警報システムがハッキングされ、ハリケーン到来を知らせる緊急サイレンが深夜に鳴り響いた。重大な被害がなかった一方、サイバー・セキュリティは都市整備の重要要素になった……

(M. T. 記)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

特別寄稿 齋藤徳美・岩手大学名誉教授「復興 さらに地域創生」 [東日本大震災]

P1-1_岩手県陸前高田市・高田松原津波復興祈念公園の完成イメージ.jpg
上画像:岩手県陸前高田市・高田松原津波復興祈念公園の完成イメージ

■《Bosai Plus》 第159号・2017年04月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

 本号巻頭企画は、岩手県復興計画の「第三期事業計画」について同計画を先導された岩手大学名誉教授・齋藤徳美先生のご寄稿、その狙いと期待とは。また南海トラフ対策でのリスク「レベル化」の検討、防災無関心層の掘り起こしへ「防災住民協議会」の浜松市モデル事業の話題、さらに岩手・宮城の震災教訓継承の動向、外国人旅行者支援アプリ「Safety tips」機能向上、「サバ・メシ2017」(防災本)などの話題……


●“Down to Earth”の視点

 本号巻頭企画は、「岩手県第三期事業計画」について齋藤徳美・岩手大学名誉教授からのご寄稿です。先生は岩手県復興委員会・総合企画専門委員会委員長のお立場で、復興計画を先導してこられました。復興計画となると壮大な構想を思い浮べますが、先生の視点はまさに “Down to Earth”(英語で恐縮ですが)、つまり「大地に根ざす」観があります。

 本稿に関連して編集部追記で、これまで先生から小紙にご寄稿いただいた記事へのリンクを貼らせていただきましたが、いずれも“Down to Earth”、言葉を変えれば地域に、地域の人びとに寄り添う深い洞察が感じられます……種市のうに、釜石の泳ぐホタテ、野田の荒海ほたて……心に刻んで味わってみたいと思います。

●国会議員さんのヘルメットの効用

 先々号のこの欄で国会議場での地震対応の話題を取り上げましたが、NHKニュースによると、衆議院の本会議場の議員の席に折り畳み式の防災ヘルメットが配備され、3月30日の本会議のあと、議員たちがヘルメットを実際にかぶる訓練を行ったそうです。

 本稿の指摘を受けて……とは言いませんが、遅ればせながらも、いいことだと思って聞きました。ところが同ニュースによると、参議院の本会議場のほうは、天井に落下物を防ぐための措置をとっているので、ヘルメットの備え付けはないとのこと。

 それはちょっと変ですね。いざというときのヘルメット着用は議場内に限ったことではないはず。そのまま災害対応などでも動けるので、あればあったほうがいいに決まってるのに……この指摘は届くでしょうか。

●「世界で最大の津波危険地帯」と「寝ていても安心な町」

 極めて個人的な受け止めですが、三陸海岸は「世界で最大の津波危険地帯」だという言い回しに“衝撃”を受けました。そこは「世界で最大の津波危険地帯」なのです――歴史的にも繰り返し繰り返し大きな津波災害に遭っていて、それでもなお海岸低地から高地への住居移転はなかなか進まない。

 いっぽう、東日本大震災で大きな津波被害を受けた宮城県南三陸町では、住宅の高台移転を中心とした復興計画で「寝ていても安心な町」を標語にしていると、前号のこの欄で触れました。
 「寝ていても安心な町」――この言い回しにも“衝撃”を受けました。津波が到達した高さとそれ以上の高さとの、まさに“生死を分ける絶対的な差”の衝撃。

 このように、極めて個人的な受け止めではありますが、私自身が衝撃を受けた言葉・フレーズを、今後も拾い集めてみたいと思っています。いずれこの欄でまた、そうした言葉・フレーズを取り上げてみたいと思います。

   (M. T. 記)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース