So-net無料ブログ作成

熱中症防止へ "情報で備える" [熱中症]

熱中症予防カード(環境省:「熱中症予防情報サイト」より).jpg
上画像は、熱中症の症状、予防法、対処法等の要点が記載された「携熱中症予防カード」(環境省:熱中症予防情報サイトより)。熱中症という用語が一般化したのは比較的新しいが、地球温暖化を背景に一挙に“現代の気象災害”として浮上している。2020東京オリパラを控えて、熱中症対策は国民的課題になったとも言える


■《Bosai Plus》 第162号・2017年05月15日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●「熱中症」という用語は、いつから一般化したか……

 5月に入って気温の高低差が大きい日があり、一挙に熱中症の話題が持ち上がりました。総務省消防庁も5月の第1週から救急搬送状況の発表を始めたということで、本号特別企画のテーマは「熱中症」です。
 熱中症という言葉はいつごろから一般化したか―― 一説には、スポーツドリンクの「ゲータレード」(1968年米国発売)や「ポカリスエット」(1980年日本発売)の普及がきっかけとされるようです。ただ、これはむしろ、スポーツをする人のパフォーマンスを高める、スポーティブなライフスタイルをアピールするなどの動機づけが強いようで、熱中症という言葉自体はもちろん、その対策という背景はほとんどなかったようです。

 かつて、江戸時代の医学書(漢方系)ではいわゆる暑気あたりは「中暑」、明治時代に入って「日射病」の用語が登場しました。日射病は最近まで暑熱障害の一般的な名称だったので、年配の人はこの用語に慣れていることでしょう。いまは日射病は、熱中症の中でも直射日光が原因となるものと定義されています。
 意外なことに明治30年(1897年)、あの森鴎外(森 林太郎)と小池正直(軍医・政治家)が共著で発表した論文「衛生新編」で、ドイツ語で日射病と熱中症を区別して論じているそうです。森鴎外は文学者であると同時に軍医でもありました。
 ただし、その論文で「熱中症」(日本語の)という用語そのものが使われたかどうかは、今回調べる時間がなくて確認できませんでした。

 ある市井の開業医の方が、熱中症という言葉がいつごろから一般的に使われているかを調べていて、それによると、1996年5月に厚生労働省から「熱中症の予防について」という通達が出て、それが最初ではないかとしています。そして同省が熱中症の分類で統計をとり始めたのは、翌97年以降とのこと。
 ちなみに、その彼の手持ちの辞書には「熱射病」「日射病」は載っていても「熱中症」の記載はなく、唯一、新明解第7版(2012年三省堂)に「熱中症」が載っているとしています。

 彼は医師なので医学辞典などもいろいろ調べたようですが、専門家のあいだでは70年代に熱中症の用語が定着したようだとのこと。いずれにしても、「熱中症」の用語がここまで私たちに定着したのはごくごく最近、この20年のことのようです。
 まさに、"現代の気象災害"だと言えます。

●話題を変えて――忍者の"非常食"

>>時事通信:忍者の知恵を現代に=「携帯食、災害時も有効」-世界初の研究拠点・三重大
(2017.05.04.)
 手裏剣片手に城下を駆け抜け、呪文とともに分身を作り出したり姿を消したり。忍者は、漫画やアニメなどを通じ、国内外で大人から子どもまで幅広く愛されている。三重大は7月、世界初の「国際忍者研究センター」を三重県伊賀市に開設し、「Ninja」の総合的な研究を進める……
>>三重大学:忍者・忍術学講座

   (M. T. 記)


【 Bosai Plus 「ClipBoard」】ご案内
■「Bosai+ 防災カレンダー」は、防災イベントをお探しの方にはもちろん、地域、学校、職場などで防災イベント(防災訓練、勉強会、講演会、シンポジウムほか)を企画するときの参考情報としてご活用いただけます。
■ イベントを企画・主催される方には、広く社会に広報し、参加者を募るメディアとして、情報ご提供をお願いいたします。
■ 日本で唯一、最大級の防災イベント情報カレンダーをめざしています。 みなさまとご一緒に、さらに充実した防災カレンダーに育てていきたいと思いますので、ご活用、情報のご提供をよろしくお願いいたします。
>>Bosai Plus「防災イベント 2カ月カレンダー [この日起こった災害]付き」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

いまだから(いまのうちに)「流言」への備え [災害教訓]

P1_吉田初三郎「関東震災全域鳥瞰図」の一部.jpg
上図は、大阪朝日新聞・大正13年9月15日付録から吉田初三郎「関東震災全域鳥瞰図」の一部(「災害教訓の継承~災害史に学ぶ」より)。1923年関東大震災は死者10万を超える大災害だった。その混乱のなかで流言飛語によって多くの朝鮮人など外国人殺傷事件が発生した。その教訓は現代にも活かされるべきものとしてある。

■《Bosai Plus》 第161号・2017年05月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

 国際紛争の結果としての戦闘行為・戦争状態を「災害」の範疇に入れていいかどうかは議論のあるところですが、武力攻撃やテロの危険から身を守ること(国の視点では「国民保護」)は“防災”だと言えます。本号では災害時の、そして国際紛争下での「流言リスク」、ミサイル落下時の備えを取り上げました。また「全国地震動地図 2017」の紹介、仙台発「次世代塾」の話題、ほか情報満載です……


●時代のキーワード?――「流言」、「フェイクニュース」、「ゆがむ事実」

 本号では、特別企画で「流言」を取り上げ、「話題1」で北朝鮮の挑発がらみの「武力攻撃~国民保護~Jアラート」を取り上げました。
 「流言」では、関東大震災の重要な災害教訓――流言から誘発された“朝鮮人虐殺”を振り返り、現代日本での武力攻撃下の最悪想定(朝鮮半島での武力衝突、あるいは日本が弾道ミサイルの攻撃を受けたとき)で、日本在留外国人あるいは社会的弱者の流言被害の可能性を想定内とすべきではないかと課題提起しました。
 防災の視点からは、流言は“人為的な災害”であり、その意味でよりシリアスな課題提起ではないかと思います。

 本文で詳しく触れていますが、今回の本紙企画は、朝鮮半島の緊張感の高まりと同時進行した報道の真偽問題、すなわち朝日新聞の「『朝鮮人虐殺』含む災害教訓報告書、内閣府HPから削除」という記事が大きなきっかけになりました。
 というのも、「災害教訓の継承」については、中央防災会議専門調査会発足当初から報告書とりまとめまで、その経緯・動向を追っただけに、本紙の思い入れも背景にあったのです。

 いっぽう、直近の世界・日本動向まで大きく視点を広げると、トランプ大統領の話題や森友学園問題、東京都の中央卸売市場移転問題などともからんで、“フェイクニュース”(偽報道)あるいは「ゆがむ事実」(朝日新聞の現在進行中の特別記事シリーズタイトル)がこの時代を切り取るキーワードになりつつあるように見えたからです。まさに地下水脈のようにつながって……

 あまり話を広げると収拾がつかなくなるのでやめますが、朝日新聞の「災害教訓継承報告書」からの「“朝鮮人虐殺”削除」の報道と、これについての内閣府の「抗議する」との真っ向からの反論との“落としどころ”はどこなのでしょうか。フォロー記事はなく、内閣府から朝日新聞への正式な「抗議」もないようです。
 このままうやむやなまま、どちらが本当のことを言っているのか知りたい読者をほうっておいて、朝日新聞も内閣府もほおっかむりなのでしょうか。
 「事実のゆがみ」、「事実を覆う靄(もや)」を正してほしいところです。

●話題を変えて――「避難所」の読みは「ひなんしょ」?「ひなんじょ」?
 西と東で異なる傾向が……
>>朝日新聞:(ことばの広場)ひなんしょ?ひなんじょ?

●話題を変えて――5月から新たに「STOP! 熱中症キャンペーン」
 個人ごとの熱中症の危険度を簡易的に診断できる“コンテンツ”もできたようで。
>>厚生労働省:STOP!熱中症 クールワークキャンペーン
>>「熱中症セルフチェック」サイト

   (M. T. 記)

【 Bosai Plus 「ClipBoard」】ご案内
 《 Bosai Plus 》はウェブ上の膨大な情報のなかから、とくに読者の関心が高いと思われる防災関連情報を、官・自治体・報道・海外・研究機関・関連団体など各種分野から収集・選択し、毎号それら情報へのリンクを紹介する「ClipBoard」を連載しています(月2回、各30~40件の防災情報)。
 直近の防災動向を知るうえで大変参考になるとの声が多く寄せられていますことから、本ブログでも「ClipBoard」をご提供いたします。下記をクリックして閲覧できます。
>>Bosai Plus「ClipBoard」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース