So-net無料ブログ作成
検索選択

ワン・クリック先の「震災アーカイブ」53件! [震災(災害)アーカイブ]

P1_NPOいわて連携復興センター「3.11-いわてNPOチラシアーカイブ」より.jpg
上画像:『3.11いわてNPOチラシアーカイブ』HPより、被災地の草の根支援活動の足跡をうかがわせるチラシの数々。「震災アーカイブ」はICT時代を迎えたいま、“開かれ、寄り添い、同時代を息づく記録・記憶、教訓”となった。あなたのデスクトップに、次の災害への備えとして、訪れるべき(クリックすべき)災害教訓の宝庫がある

■《Bosai Plus》 第164号・2017年06月15日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●ワン・クリック先の「震災アーカイブ」

 「アーカイブ」(英語:Archive)とはもともと「公記録の保管庫」の意味で、それを“まとめて整理して保管する”こと。これまではとくに古文書・公文書・文化遺産の映像などの保管について用いられた用語だそうです。
 似た用語にライブラリー(蔵書・図書館の意)がありますが、こちらは「図書を対象にしたコレクション」で、図書館では資料類を整理する専門家を「司書」と言い、司書になるには資格が要ります。

 いっぽう現代用語としてのアーカイブは、ICT(情報通信技術=デジタル技術)の進展を背景に「あらゆる媒体(メディア)による記録・資料を対象にしたコレクション」となります。あらゆる媒体――つまり、紙(文書、本、チラシなど)から写真、動画、音声、SNSなどのウェブ情報――と、いまや多彩に無尽蔵に存在します。
 このなかから必要なものを“集めて、整理して、発信する”のが 現代のアーカイブの専門家で、図書館司書の対語として「インフォ・プロ(Information Professional)」という新語も生まれているようです。

 現代のアーカイブは、システムを構築する段階で「記録をどのように収集するか」、「どのようなメタデータ(そのデータに関連する情報~作成日時や作成者、データ形式、タイトル、注釈など)を付与するか」、「データの権利処理をどうするか」など技術面や制度面、運用面で多くの課題を抱え、「インフォ・プロ」などの資格制度はなく、まだ草創期で手探りなのが実情だそうです。
 もちろん、アーカイブをだれに、どのように活用してもらうのかという、まさにアーカイブの存在意義を問う大きな課題は、アーカイブ構築プロジェクトの大前提として俎上に載っています。

 災害資料はこれまで“紐解かれる”もので、本棚の奥からずしりと重い資料をドンとデスクに載せて、情報を求めて1ページずつめくるイメージでしたが、デジタル震災アーカイブではだいぶ様相が変わります……デスクトップで、あるいはノートパソコンをひざの上にワン・クリック……この便利さを活かすのも殺すのも、ワン・クリックの指先に込める“防災への思い”、ということでしょう。
 
●話題を変えて……福岡県那珂川町の“防災手話”

 前号で「手話で『防災サイン』」のタイトルで、“手話の聖地・鳥取県”の話題を紹介しましたが、昨日の朝(6月14日)のNHKテレビ「おはよう日本」で、福岡県那珂川町職員が手話で避難所を案内するというリポートがありましたので、ご参考まで……
>>NHKニュース:おはよう日本「リポート」(役場職員が手話で避難誘導)
(2017.06.14.)
 役場を上げて手話の普及に力を入れている福岡県那珂川町では、災害に備えて聴覚障害者に安心して避難所を利用してもらえるよう取り組んでいる……

   (M. T. 記)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「避難所開設キット」で備えを [避難所]

P1_2004年新潟県中越地震における体育館避難所の様子(写真提供:防災情報新聞).jpg
上画像は、2004年新潟県中越地震での学校(体育館)避難所の様子。災害は不意に起こるから、避難所開設・運営体制づくりに混乱が伴うのは当然だ。しかし、開設用のキット類だけでも事前にオーガナイズされていれば、そのキット類が動転した気持ちを落ち着かせてくれる効果を持つはずだ(写真提供:防災情報新聞)


■《Bosai Plus》 第163号・2017年06月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●"カイゼン"を避難所開設・運営に応用?
 キット(小道具類)を活かす

 本号の特別企画は、ちょっと趣向を変えて「避難所開設キット」がテーマ。
 避難所開設・運営訓練でよく使う小道具類(キット)は、避難所の看板に始まり、受付の案内標識、受付用紙から腕章、各種報告用紙、ホワイトボード、ブルーシート、規制用ロープ、規制用テープ、養生テープ、メガホン、保安指示灯、筆記用具などなど多種多彩に及びます。

 これら小道具類をうまく"オーガナイズ"して(ここでは「戦略的な編成、実効性の高い設計デザイン」といった意味)、時系列で整理、それぞれにイラストなどで使用上のチェック事項を添えておくと、初めて避難所開設を経験する人でも「なるほど、この手順で進めるとこうしてこうなる……」という具合に、開設のノウハウから運営の課題なども総合的に理解できる実践教材になる――という"逆転の発想"の提案です。

 製造業の生産現場などでの"カイゼン"にも似ていますが、小道具箱を開けて使ってみることで、避難所開設で自分はなにをどうしようとしているかがわかるというもの。避難所運営は班分けされたり、担当が決められたりしますが、小道具類を知ることで、ほかの人の担当を理解することも可能です。

 これを先駆的に考案したのは東京都大田区や新宿区で、大田区では昨年、区内のすべての学校避難所に開設キットを常備しました。今回、熊本大学が制作した開設キットを熊本県が活用するという報道をきっかけに、取り上げてみました。

●話題を変えて……自然災害、巨大噴火の"危険値"

 ギャンブルには「期待値」という指標があるそうです。期待値とは配当金にそれが当たる確率を乗じたもので、掛け金を1000円とした場合の期待値は、宝くじやスポーツくじが約500円、競輪・競馬・競艇はおよそ800円、パチンコが900円弱、カジノは950円程度だそうです。
 いずれも損をするわけですが、それがギャンブルの醍醐味(?)なのでしょう。

 「巨大噴火の確率1%」という話題で本紙でも以前取り上げた巽 好幸・神戸大学海洋底探査センター教授が、ギャンブルの「期待値」から自然災害、巨大噴火の期待値(巽教授はこれを「危険値」と言い換えています)を論じています。

 ある災害や事故で1年当たりにどれ位の死亡者が出るかを予想した値=「危険値」はこれまでのデータによると、台風や豪雨災害の危険値80人、交通事故約4000人となるそうです。さらに首都直下地震、南海トラフ巨大地震、そして巨大カルデラ噴火では……? 下記サイトをご一読ください。
>>巽 好幸:日本喪失を防げるか? ギャンブルの還元率から巨大カルデラ噴火を考える

   (M. T. 記)



【 Bosai Plus が記事提供「RISCON NEWS」】ご案内
 《 Bosai Plus 》では、危機管理産業展ホームページ/トップの「RISCON NEWS」に一部記事を提供・公開しています。
 危機管理産業展は、東京都が特別協力して、「防災」、「防犯」、「リスク管理」の危機管理分野を横断的に網羅する国内唯一最大級の「危機管理総合トレードショー」で、年1回、秋に開催されます。「RISCON」(リスコン/Risk=危険、危機とControl=管理・制御の合成語)の愛称で定着し、「危機管理」という新しい産業分野の創造、危機管理啓発と関連産業の振興、新たな市場の創出に多大な貢献を果たしています。
>>危機管理産業展
>>RISCON NEWS で公開した 《Bosai Plus》の記事一覧はこちら(記事も読めます)

タグ:避難所
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース