So-net無料ブログ作成
被災者支援 ブログトップ

被災者支援「連携」に向けて [被災者支援]

P1_ガイドブックより「災害時の多様な主体による被災者支援」.jpg
内閣府(防災担当)が去る4月13日に公開した『防災における行政のNPO・ボランティア等との連携・協働ガイドブック~三者連携を目指して~』は、熊本地震や九州北部豪雨などの数多くの事例・教訓を踏まえて、幅広い防災ボランティアの環境整備に資するよう行政と災害ボランティアセンター、NPOや災害ボランティアなどとの「3者連携」や、平時からの関係構築に向けた考え方や活動方法を具体的・実践的に説明している(上画像は同ガイドブックより)


■《Bosai Plus》 第185号・2018年05月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●「連携」「共有」がキーワードに

 本号は巻頭記事として災害ボランティアがらみで、直近の国作成の冊子とイベント情報を持ってきました。内閣府(防災担当)の、行政とNPO・ボランティア等との『連携・協働ガイドブック』と、これと同時に発表された全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)主催の「第3回 全国フォーラム」6月12~13日開催情報です。

 災害情報共有システムの開発もまた、官民あげて(協働)の取組みとなっています。折から、国の「災害情報ハブ」のルールの公表があり、会計検査院の「府省庁の災害関連情報システム整備状況」の報告がなされ、さらに電脳防災コンソーシアムの災害情報に関する「55の提言」、そして防災科研の災害情報システムについての「官民会議」開催と、このところ災害情報共有関連のニュースが続いたことから、小紙も情報共有システムの勉強がてら、「官民会議」を取材してみました。

                ○

 いずれ改めて取り上げたいと思っていますが、電脳防災コンソーシアムの「55の提言」には、AI(人工知能)で「災害関連死を減らす」など注目される項目が並びます。
 いっぽう、そうした提言とは別に、その添え書き(副題)に「電脳AIが内閣総理大臣の情報参謀に任用される時代をめざして」とあることに、ほぅ、と驚きました。この種の提言の副題としては珍しくユーモラスで、新鮮な驚きでした。

 「内閣総理大臣の情報参謀」は正直言って、ひと呼吸おいて考えると、いえいえ、総理大臣自身が壁になり得るかも……電脳AIに災害対策の指揮をまかせたほうがいいかも……と、近未来の災害情報システムを想像しました。
 小紙記事のまとめ部分で「カルチャーの壁」に言及しましたが、たまたま「55の提言」でも、組織の縦割りなど“イノベーションを阻む壁”を指摘しています。もしかして、政治(政局)のしがらみにとらわれた総理大臣自らがその“壁”になりかねない、という杞憂は、昨今の政治家と官僚のいぶかしい関係に惑わされたせい?

   (M. T. 記)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

もうひとつの“人的被害”「震災障害者」 [被災者支援]

P2-1_震災障害者支援サイト「NPOよろず相談室」HPより.jpg
上図:支援を求める「震災障害者」について取り上げた2013年2月の毎日新聞記事。震災障害者支援サイト「NPOよろず相談室」HPより

■《Bosai Plus》 第157号・2017年03月01日号発行!
同P. 1(「もくじ」付き)へリンク

●被災者支援の死角「震災障害者」

 本号では、“被災者支援の死角”として「震災障害者」の問題を取り上げました。
 災害時に自治体が発表する「死者、行方不明者、重傷者、軽傷者」の認定基準は、国の災害被害認定統一基準に定義されています。このうち「重傷者・軽傷者」の認定は、住民が提出する診断書をもとに行われ、住民にとっては義援金の配分を受けるための“証明”ともなります。

 基準によれば、「重傷者」は1カ月以上の治療を要する見込みの者、「軽傷者」は1カ月未満で治療できる見込みの者となります。ところが、被災者支援という観点から、災害によって障害や後遺症が残った「重傷者」はこれまで“忘れられた存在”、支援対策の“死角”になっていると言われます。
 これを「震災障害者」として認知すべきという指摘が顕在化してきた――その背景を探りました。

●地震! 国会議員のみなさんの危機管理は?

 校了日の昨日(2月28日)午後4時49分ごろ、福島県沖を震源とする地震(推定規模M5.6)があり、宮城県岩沼市や福島県相馬市などで震度5弱の揺れが観測されました。幸い津波は伴わず、大きな被害もなかったようですが、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の余震と見られるとのこと。東北地方のみなさま、お見舞い申し上げますとともに、今後とも十分お気をつけください。

 ところで気象庁の各地の震度情報によれば東京は震度2~1程度だったようです。小紙は校了に向けて“シャカリキ“”(語源はそれぞれお調べください)になっているなか、当方のパソコンの緊急地震速報の警報音が鳴り出し、間をおかず揺れ出しました。
 ちょうどNHKテレビの国会中継(参議院予算委員会)を流していて、中継カメラが少し揺れているのがわかりました。でも、予算委員会に居並ぶ国会議員のみなさんは冷静を装い(?)、審議・答弁は続いています……

 大地震にならなかったからいいものの、東日本大震災時の国会中継動画の議場の大揺れの様子(その録画はいまもネット上で見られます)を思い出し、審議中の危機管理はこれでいいのか、と疑問を持ちました。
 国会議員は全員、危機管理のプロであってほしいもの。地震の揺れを感じたら、議長あたりがいったん審議をストップすべきではないでしょうか。
 今回はとくに緊急地震速報が発表されていますし、直後、震度5弱だったとの速報が伝わっていますから、被害が発生した可能性もあります。

 国会審議も大事ですが、揺れを感じたら、議員さんたちもいったんは自らの身の安全を確保することとし、5分間ほどでも様子見して、震源地域の(国民の)安否などの情報収集を秘書さんに指示するなどの時間をとるべきではないでしょうか(各自の選挙区も心配でしょうから)……大ごとにならなければ、それはそれでよかったということで。

 前号のこの欄で、あの辻元清美さんが防災士の認定資格を取得、防災士研修の内容の充実ぶりをほめていることを紹介しましたが、「ソーリ! ソーリ! 地震ですよ、身を守って!」という議員がどんどん出てきてほしいものです。

   (M. T. 記)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
被災者支援 ブログトップ